コレクション

ゴッホの《ひまわり》と
洋画家・東郷青児の作品を中心とした
約630点のコレクション

当館のコレクションは、1978年に逝去した洋画家・東郷青児の遺族から寄贈を受けた作品345点(うち青児の作品156点、その他は青児の収集品)から始まりました。青児は安田火災とその前身会社の時代から印刷物のデザインを手がける間柄でした。その後、安田火災が創立100周年事業として購入した、ゴッホ《ひまわり》をはじめ、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌなどの印象派とポスト印象派やアメリカの素朴派画家グランマ・モーゼスの作品などを受託し、さらに美術家の支援・表彰事業による買い上げ作品も加わり現在約630点となりました。

※当館は企画展を中心に開催しており、常設展はありません。

ひまわり

フィンセント・ファン・ゴッホ
《ひまわり》

1987年にポスト印象派の画家ゴッホの《ひまわり》がコレクションに加わり、以降、アジアで唯一、ゴッホの《ひまわり》を見ることができる美術館として、親しまれています。

詳しくはこちら

東郷青児

独特の女性像で知られる東郷青児。当館では、初期から晩年の油彩70点を含む、素描・版画・彫刻・タピストリーなど約240点の東郷作品を収蔵しています。

詳しくはこちら

コレクションハイライト

今月の一品

1933年、油彩・キャンヴァス、119.2×68.2cm、初出:第20回二科展(旧題「散歩」)

1933年、油彩・キャンヴァス、119.2×68.2cm、初出:第20回二科展(旧題「散歩」)

黒い手袋

東郷 青児

本作を描く二年前に、東郷は下北沢に白いル・コルビュジエ風の邸宅を建て、宇野千代と一緒に暮らし始めていました。その建築費用を捻出するために、名士とその夫人たちの肖像画を手がけ、さらには花や女性をモティーフにした頒布用の小品を数多く描くようになります。時をおなじくして、宣伝デザインや挿絵の注文も次々と舞いこむように。二科展に出品した本作は、東京火災(現・損保ジャパン)の保険案内のパンフレットに使われました。大衆の目にふれる多彩な仕事を手がけるうちに、当代きってのモダンボーイという評判がひろまったのです。

  • ひまわり

    ひまわり

    フィンセント・ファン・ゴッホ

    1888年 油彩・キャンヴァス

  • アリスカンの並木路、アルル

    アリスカンの並木路、アルル

    ポール・ゴーギャン

    1888年 油彩・キャンヴァス

  • りんごとナプキン

    りんごとナプキン

    ポール・セザンヌ

    1879-80年 油彩・キャンヴァス

  • 超現実派の散歩

    超現実派の散歩

    東郷青児

    1929年、油彩・キャンヴァス、64×48.2cm、初出:第16回二科展(旧題「Déclaration 〈超現実派風の散歩〉」)

  • 浴女

    浴女

    ピエール=オーギュスト・ルノワール

    1892-93年頃 油彩・キャンヴァス

  • 葉桜

    葉桜

    山口 華楊

    1921年 絹本彩色(四曲一隻)

  • 帽子の娘

    帽子の娘

    ピエール=オーギュスト・ルノワール

    1910年 油彩・キャンヴァス

  • ピエロ

    ピエロ

    東郷 青児

    1926年、油彩・キャンヴァス、90.8×63.4cm、初出:第15回二科展 特別陳列(第一回昭和美術奨励賞)

Follow us