ブルターニュの光と風

画家たちを魅了したフランス〈辺境の地〉

ブルターニュの光と風

2023.03.25(土)- 06.11(日)

開催予告

  • #ブルターニュの光と風展

豊かな自然と独自の文化を持つことで知られるフランス北西部の地、ブルターニュ。本展は、ブルターニュに魅了された画家たちが描いた作品を通じ、同地の歴史や風景、風俗を幅広くご紹介する展覧会です。深緑の海や険しい断崖が連なる海岸線、平原と深い森とが織りなす固有の景観、また、そこに暮らす人々の慎ましい生活と敬虔な信仰心は、19世紀初め以来、数多くの画家たちの関心を掻き立ててきました。本展では、ブルターニュに関する作品を多数所蔵するカンペール美術館の作品を中心に、45作家による約70点の油彩・版画・素描を通じて、フランス〈辺境の地〉ブルターニュの魅力をご覧いただきます。

「ブルターニュの光と風」展プレスリリースはこちら(PDF:6MB)

開館時間

10:00 - 18:00(入館は閉館30分前まで)

美術館までのアクセス

休館日

月曜日/展示替期間/年末年始

※ 祝日・振替休日の場合は開館 ※ 台風、大雪などにより、JR等が計画運休となった際には臨時休館とする場合があります。
その際にはトップページの上部バナー(ティッカー)通知でご確認ください。

開館カレンダー

観覧料

当日券 事前購入券
一般 1,600円 1,500円
大学生 1,100円 1,000円
小中高校生 無料 無料
障がい者手帳をお持ちの方 無料 無料
  • 大学生には大学院生ならびに専門学校生を含みます。入場時に学生証をご提示ください。(ご提示がない場合は一般料金を適用し、差額をお支払いいただきます)。
  • 中高生は入場時に学生証をご提示ください。
  • 障がい者手帳の対象は、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳の4種です。被爆者健康手帳はご本人のみ、他3種は介助者1名まで無料です。入場時に手帳をご提示ください。
  • 本展では団体券の販売はございません。
  • 展示室内が混雑し、一定の人数を超えた場合は入場制限を行う可能性があります

チケットについて

事前購入券

ペア券(2枚発券):2,800円

販売期間
2023年2月22日(水)~
3月24日(金)23:59

※枚数限定
※電子チケット「アソビュー!」での取扱いはございません。
※観覧券2枚セット販売となり、お二人で入場の方、またはお一人で会期中2回入場いただく方にお得なチケットです。

一般   :1,500円
大学生  :1,000円
小中高校生:無料
(当日窓口料金は一般1,600円、大学生1,100円)

販売期間(アソビュー)
2023年2月22日(水)10:00~
6月11日(日)12:00
上記以外
2023年2月22日(水)10:00~
6月9日(金)23:59

※状況によっては、予定より早く販売が終了する可能性があります
※別途手数料がかかる場合があります

【プレイガイドで観覧券をご購入された方へ】
プレイガイド販売期間:2022年6月22日(水)10時~10月7日(金)23:59
※販売状況によっては、予定より早く終了する可能性あり。
・ご入場には、「アソビュー!」より、別途人数分の日時指定予約(無料)が必要です。
・土・日曜日、祝日、会期末は、予約枠が埋まる可能性があります。早めに日時指定予約をしてください。
・ご来場時は必ず購入したチケットと日時指定予約(無料)QRチケットをご提示ください。
・キャンセル・券種変更・払い戻し・再発行はできません。再入場不可。

「アソビュー!」お問い合わせ先

みどころ

1.“ディープな”フランスを知る

フランス北西部に位置するブルターニュは、日本ではあまり知られていない地域かもしれません。 豊かな自然と独自の文化を持つこの〈辺境の地〉は、19世紀のフランスにおいてもある種の「内なる異世界」として、エキゾティシズムに満ちた眼差しの下に見い出されてきました。本展では、そうしたブルターニュの歴史・自然・風俗を、画家たちの眼差しを通して追体験するように、ご覧いただきます。

2.“ゴーギャン”“ポン=タヴァン派”だけではない!

ブルターニュは、ゴーギャンやポン=タヴァン派の画家たちが集い、総合主義が生まれたフランス近代絵画史上の重要な地として知られています。しかし彼らの前後の時期にも、ブルターニュの豊かな自然風土とそこに生きる人々の姿に魅了された画家たちは数多くいました。本展では、およそ1世紀のあいだに様々な様式で描き出されたブルターニュの姿をご紹介します。とりわけサロンを活動拠点とした画家たちによる大画面は圧巻です。

3.フランス、カンペール美術館から一挙来日!

1872年に開館した歴史あるカンペール美術館は、ポン=タヴァン派のみならず、ブルターニュに関連する絵画を多数所蔵していることで知られ、その充実度はフランス随一を誇ります。フランスから遥々来日した珠玉のコレクションをお見逃しなく。

主な作品

  • 《ベル=イル沿岸の暴風雨》

    1851年 油彩、カンヴァス

    油彩、カンヴァス カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    テオドール・ギュダン

  • 《さらば!》

    1892年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    アルフレッド・ギユ

  • 《ブルターニュの婚礼》

    1863年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    アドルフ・ルルー

  • 《パンマールの聖母》

    1896年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    リュシアン・レヴィ=デュルメール

  • 《水瓶を持つブルターニュの女性》

    1886年 ジンコグラフ、紙

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    エミール・ベルナール

  • 《りんごの採り入れ》

    1889年 ジンコグラフ、紙

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    エミール・ベルナール

  • 《さようなら、ゴーギャン》

    1906年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    ポール・セリュジエ

  • 《ポン=タヴァンの風景》

    1888-89年頃 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    アンリ・モレ

  • 《フォルグェットのパルドン祭》

    1930年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    モーリス・ドニ

  • 《藁ぶき屋根の家のある風景》

    1921年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    フェルディナン・ロワイアン・デュ・ピュイゴドー

  • 《嵐から逃げる漁師たち》

    1903年頃 油彩、厚紙

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    シャルル・コッテ

  • 《じゃがいもの収穫》

    1907年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    リュシアン・シモン

  • 《ブルターニュの女性》

    1940年 油彩、カンヴァス

    カンペール美術館 Collection du musee des beaux-arts de Quimper, France

    ピエール・ド・ブレ

主催・協賛

主催
SOMPO美術館、フジテレビジョン
協賛
SOMPOホールディングス
特別協力
損保ジャパン
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、新宿区
企画協力
ホワイトインターナショナル

#ブルターニュの光と風展